吐き気ドットコム TOP → 吐き気の原因 ストレス

ストレス

ストレスが原因でも吐き気は起こります。吐き気の原因で分かりにくいのが、このストレス性の吐き気です。ストレスが溜まると吐き気以外にも様々な症状が出ます。1番多いのは眠れないなどの不眠、頭痛、動悸、倦怠感などですが、その中に食欲がない、吐き気がする、胃がもたれるなど数えればキリがない症状があります。

病院に行っても異常がないと言われるのであればストレスによりものである可能性が大きいです。吐き気は何故起こるかと言うと、脳にはある吐き気や嘔吐の司令を出す脳の特定の部分があり、その末梢から自律神経が信号を送ることによって発生します。人によってはストレスによって自律神経が乱れることで体に色々な症状が現れる場合が多いです。

これらの1つである胃腸症状として吐き気が起きる場合があります。 現在、とても増えてきているうつ病や神経症、摂食障害などの精神疾患などでも吐き気は起こります。これらは心の病気と言われていて、自分ではなかなか判断しにくいですが、今まで好きでやっていたことに全く興味が湧かなくなったり、規則的に体調が悪くなったりした場合は、ストレス反応を疑うようにして下さい。

ストレス社会と言われている昨今、ストレスを感じないようにするのは難しいですが、出来るだけストレスを感じないように生活することを心掛けるようにしましょう。ストレス性の吐き気は、ストレスを取り除けば治ります。1人で解決出来ない場合は、心療内科などを受診してみるのも良いと思います。

吐き気の原因


http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
トランクルーム 大阪市で探しています

チワワ ブリーダードイツポインター 福岡の
http://rosegarden8787.com/