吐き気ドットコム TOP → 吐き気の原因 食中毒

食中毒

吐き気というと食中毒などを連想される方もいるでしょう。腐った食品や毒性のある食品を食べると、激しい胃の痛み吐き気を起こします。代表的なものにカキやシジミなどの魚介類に生息するノロウイルス、生肉などに生息するO-157などが挙げられます。また海外においての食事や水の接種においても食中毒の可能性はありますので気をつけましょう。

食べ過ぎたわけでもないのに食事の後に急に吐き気がして嘔吐したり、腹痛や下痢が続いたら食中毒の可能性が高いです。食事をしてから症状が出るまでの時間は、原因となる菌の種類やどのくらいの量を食べたかによって違います。食後3時間くらいで症状が出ることもあれば、数日経ってから出ることもあります。

既に食品内の細菌によって作られた毒素が原因となる食品内毒素型である場合は、潜伏期間が短い傾向にあるため、早いうちに症状が出ることが多いです。特徴は嘔吐や下痢などで、下痢は水のようなものや粘液や血液が混ざったものなどが見られます。場合によっては熱が出ることもあります。風邪と勘違いしてそのまま放置して処置が遅れてしまうことがありますから注意しましょう。

神経症状が起こる場合は、ボツリヌス菌による食中毒です。ボツリヌス菌による中毒であれば呼吸困難を起こすこともあるため危険です。症状が起こった時は、出来るだけ早く病院に行かなければなりませんが、すぐに病院に行けない時に吐き気が続くようであれば、横向きに休むようにして吐いた物で窒息しない姿勢を取るようにしましょう。また、食中毒は脱水症状を起こしやすいため、細目に水分を取るように心掛けて下さい。

吐き気の原因


ハウスクリーニング 岐阜
ハウスクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

スクラブ ナース
スクラブのナースなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ポスティングhttp://www.prograce.net/