吐き気ドットコム TOP → 吐き気の原因 薬の副作用

薬の副作用

薬の副作用として吐き気が起きる場合があります。代表的なものは、抗がん剤、モルヒネなどの医療用麻薬、心不全の治療薬であるジキタリス製剤、気管支拡張薬のテオフィリン薬、貧血の治療に用いる造血薬(鉄剤)などです。薬の副作用とは言え深刻になるケースもあります。掛かり付けの医師にきちんと状況を伝えましょう。

その他の原因としては、薬と食べ物、飲み物の関係です。薬を飲む際は、通常はコップ1杯の水、もしくはぬるま湯で飲まなければなりません。お茶や牛乳で飲んでも良い薬もありますが、それだと良くない薬もあります。

また、薬が体に合わない時でも吐き気が起こることがあります。例えば、薬を併用して飲む場合や病院でもらった処方薬と市販薬を同時に飲むような場合、2種類以上の薬が体内に同時に入ることで 薬同士が胃の中で邪魔をし合ったり、逆に相互作用で強くなり過ぎたりして、体に良くない影響を及ぼすことがあります。お互いの作用を弱めるだけならまだ良いですが、相互作用が強くなり過ぎると吐き気などの症状が出たりします。

恐ろしい副作用やアレルギーなどを引き起こさないためにも適切な飲み方をして下さい。病院で薬を処方される際に別の薬を飲んでいる場合は、先生にその旨を伝え、一緒に飲んでも良いかどうか聞くようにして下さい。医師や薬剤師の適切な判断によって飲み合せの悪い薬を避けることが出来るようになります。

吐き気の原因


http://richidad-office.com/金持ち父さん貧乏父さんの秘訣を実践
http://richidad-office.com/