吐き気ドットコム TOP → 吐き気と二日酔い 二日酔いの原因

二日酔いの原因

アルコールを飲むと肝臓で毒性の強いアセトアルデヒドに分解されます。飲み過ぎてしまうとアセトアルデヒドが体内で分解されずに残ってしまいます。お酒を飲むと約2割のアルコールが胃で吸収され、残りは腸内で吸収されます。その後、肝臓まで送り出されてアルコールを分解してアセトアルデヒドを作ります。最後にアセトアルデヒドを無毒の酢酸と水に酸化分解します。

しかし、肝臓というのは1時間の間に多くのアルコールを処理することが出来ません。処理出来る量よりも飲んだアルコールの方が多い場合、アルコールの量が増加して大脳を主として各臓器に害を与えてしまうことになります。

アセトアルデヒドは頭痛や吐き気、胸のむかつきなどを引き起こします。ただ、酔いの原因となるアセトアルデヒドが二日酔いの原因かどうかは疑わしく、最近の研究では、アセトアルデヒドが分解されないことが原因で二日酔いになるわけではないと言われるようにもなっています。研究が進められている中、血中のカテコールアミン量が上がることが原因の1つであるということも分かってきました。

ホルモン分泌は中枢神経系のドーパミンニューロンという物質によって調節されていますが、二日酔いの状態だとホルモンなどの分泌に変化がある可能性があるため、吐き気などが起こるのではないかと考えられています。

吐き気と二日酔い


三軒茶屋の歯医者
インプラント・ホワイトニング・抜歯・差し歯なら『コイズミデンタルオフィス』

事務服 オーバーブラウス
事務服のオーバーブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!