吐き気ドットコム TOP → 吐き気と二日酔い 二日酔いと悪酔い

二日酔いと悪酔い

二日酔いと悪酔いというのは別物とされていますが、どのように違うのでしょうか。

簡単に説明すると二日酔いは、血中アルコール濃度が低くなっている時でも現れる症状です。アルコールを摂取してから次の日まで続く不快な症状のことを言います。一方で悪酔いというのは、血中アルコール濃度がまだ高い時に起こる不快な症状で、アルコールを摂取してから2時間〜6時間後に起こる症状になります。悪酔いは大量に飲む人に多く、二日酔いはお酒に弱い人に多いようです。

お酒を大量に飲むと、肝臓がアルコールを処理出来なくなってしまいます。これが吐き気を起こす原因です。さらに症状が進むと急性アルコール中毒を引き起こします。この肝臓の能力には個人差はあります。お酒に強い人と弱い人はこの能力に個人差があるのです。

人は一定量以上のアルコールを飲むと、肝臓でうまく処理をすることが出来なくなり有害物質が体内に残ります。翌朝まで続くほどの深酒の場合、アルコールによる急性胃炎、ミネラルバランスの崩れなどを起こすこともあります。

二日酔いにしても悪酔いにしてもならない方がもちろん良いです。自分の体のことを考えてお酒を飲みましょう。まずはお酒のマナーを学ぶことが大切です。一気飲みなどは悪酔いを招くだけでなく、急性アルコール中毒になる可能性もあります。アルコール量と体の変化に注意するようにして下さい。アルコールの飲む量を加減し、事前に飲み過ぎ用の胃薬などを飲んで予防するようにすると良いと思います。

吐き気と二日酔い


白衣 購入
白衣の購入なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!