吐き気ドットコム TOP → 吐き気と関係のある病気 急性虫垂炎

急性虫垂炎

急性虫垂炎をご存知でしょうか?この病気も吐き気と関係のある病気の1つです。急性虫垂炎は知らない方も多いと思いますが、盲腸のことです。盲腸というのは、大腸の一部でその先にミミズのような形で付いているものを虫垂と言います。一般に盲腸炎と言っているのは、虫垂を中心として周囲に炎症の及んだものです。盲腸の正式名称は急性虫垂炎です。

症状は急に現れます。今まで何ともなかったのに、突然腹痛が起こって急性虫垂炎を発病します。みぞおちやへその部分から痛みが起こり、その後で右下腹部へと痛みが移っていく急激な腹痛です。右下腹部を押すと盲腸付近に痛みを感じ、時間が経つにつれて右下腹部に痛みが集中するようになります。

ほとんどの場合は、発病の数時間前後からお腹の調子が悪くなります。腹痛が起こり、吐き気が襲ってきます。実際に嘔吐することがほとんどです。それと同時に37℃くらいの軽い発熱も伴います。 稀に寒気を伴って高い熱が出ることもあります。

激痛が起こることが多いですが、あまり痛みがひどくない場合もあります。ですが、痛みが軽い=虫垂の変化が弱いということではありません。注意して下さい。軽症であるように見えてもいつ腹膜炎を起こすか分からないため、治療には外科的な手術が行われます。虫垂を切り取っても、体に悪い影響のないことが数多くの研究から明らかにされています。きちんと治療を行いましょう。

吐き気と関係のある病気


ピアノ買取の際は札幌のこちらへ
http://www.piano-inoue.com/