吐き気ドットコム TOP → 吐き気と関係のある病気 くも膜下出血

くも膜下出血

くも膜下出血は血管の破裂によってくも膜と脳の間にあるくも膜下腔に血液が流れ出す病気です。原因は脳の血管に瘤が出来る脳動脈瘤が80%ほどを占めています。

くも膜下出血も吐き気が関係している病気の1つです。軽い症状の場合もありますが、突然バットで殴られたような激しい頭痛、嘔吐を繰り返したりするなど重度の症状が現れることもあります。頭痛は数時間続き、首の筋肉のこわばりも見られるでしょう。
さらに症状が強くなると意識障害や痙攣、麻痺などの症状が出る場合もあります。出血した場所や量などによって違いますが、重い後遺症が残ったり、場合によっては死に致ることもあります。早く適切な処置が必要となってきます。

くも膜下出血による頭痛や吐き気であるかどうかは「突然かどうか」ということがポイントになります。出血量が少なければ軽い頭痛で済みますが、再び破裂したら死に至ることもあります。痛みが短時間であっても突然の頭痛があったら脳神経外科を受診するようにしましょう。

脳動脈瘤が原因のくも膜下出血の場合は、再破裂の危険が付きまといます。再破裂を防ぐために頭を開けて動脈瘤の付け根にクリップをかける手術であるクリッピングが行われることが多いです。生まれつきの動静脈奇形が出血源の場合は、これを手術によって摘出します。 いずれにせよ、くも膜下出血を早く発見するためには、脳ドックでMRI検査を毎年行うことが大切です。この検査を受ければ、破裂前の動脈瘤が早期発見出来、治療をすることが可能となります。吐き気や突然の頭痛などの症状に襲われる前に病気を食い止めるようにしましょう。

吐き気と関係のある病気