吐き気ドットコム TOP → 吐き気と関係のある病気 急性胆のう炎

急性胆のう炎

急性胆のう炎は細菌による感染によって胆のうに炎症が起こる病気です。急性胆のう炎が起こる原因のほどんどは胆のうからの胆汁を導く管が胆石で塞がれるために起こります。胆のう内に胆石があると胆のうに炎症を起こしやすいと言われているため、胆のう炎になりやすいようです。胆石は大食や脂っこい食事などが原因で起こり、男性よりも女性に多いと言われています。

急性胆のう炎も吐き気が関係している病気の1つです。特徴的な症状としては発作的にみぞおち・右上腹部痛、寒気・ふるえ、発熱、黄疸、40℃近い発熱などが挙げられます。これらの症状を感じたらすぐに医師の診断を受けて下さい。さらに右肩・右背部痛が放散する場合もあります。破裂すると腹膜炎を起こして危険な状態になることもあります。早めの受診が大切でしょう。

急性胆のう炎の治療は症状によって変わってきます。炎症が軽ければ絶食や輸液、炎症を抑える抗生物質の投与など内科的な治療で完治させることが出来ます。しかし、炎症が強い時は経皮経管胆嚢ドレナージ術という外科的治療を行う必要があります。

急性胆のう炎が起こる原因は胆石や細菌によるものが多く、細菌が胆石の原因となります。胆石の結石が胆嚢の収縮によって動くことで胆嚢壁や胆管の入り口などに傷をつけ、そこから細菌が入ると言われています。ですから、胆のう炎を予防することは胆石を予防することにも繋がります。

胆石だけならまだしも胆のう炎まで発症してしまうと痛みも倍になりますし、症状もひどくなってしまいます。日頃から生活習慣や食事には十分に気をつけるようにしましょう。

吐き気と関係のある病気


http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
大阪市のトランクルーム

使用用途について
使用用途