吐き気ドットコム TOP → 吐き気と関係のある病気 肺炎

肺炎

肺炎も吐き気と関係のある病気の1つです。肺炎は様々な病原菌の感染によって肺に炎症が起こった状態のことを言います。肺炎というのは、体力が落ちている時や免疫力が弱くなっている時にかかりやすい病気です。

原因となる細菌やウイルスというのは、呼吸をする時に鼻や口から身体の中に侵入します。健康な人であれば、喉で病原菌を排除することが出来ますが、炎症が残っていると病原菌が素通りして肺に入ってしまい炎症を起こします。

しかし、風邪にかかった人が肺炎になるというわけでなく、肺に侵入した細菌の感染力が免疫力を上回った時に発症します。肺炎の主な症状はふるえと寒気、38〜39度以上の高熱などです。さらにはさび色の痰を伴う咳、胸痛、喉頭痛、頭痛、関節痛、発熱などを伴います。嘔吐、下痢、全身に発疹などのつらい症状も引き起こします。これらの症状は数日間続きます。病変が高度であればチアノーゼを起こすこともあります。

高齢者の場合であれば、熱が出る前に食欲がなくなったり、元気がなくなったりなどの前兆があることがあります。注意が必要です。日本では肺炎で年間8万人ほどの人が亡くなってます。死因順位も上位を占めているため、小さい子やお年寄りなどは気をつけなければなりません。

最初は頭痛や倦怠感など風邪に似た症状ですが、油断は禁物です。出来るだけ早く適切な処置を受けなければなりません。ただの風邪だと思っていても、熱や咳、倦怠感などが1週間以上経っても治らない場合は、肺炎の可能性があります。早めに病院に行くようにしましょう。

吐き気と関係のある病気