吐き気ドットコム TOP → 吐き気とつわり 妊娠悪阻

妊娠悪阻

妊娠悪阻をご存知でしょうか?ほとんどの妊娠が直面するするのがつわりですが、この中でも日常生活もままならないほどのつわりを妊娠悪阻と言います。つわりがどこまで悪化したら妊娠悪阻になるのかという明確な定義はありませんが、吐き気や嘔吐で日常生活が困難になり、入院治療をしなければならない状態になると病名は妊娠悪阻になり、つわりとは区別されます。

つわりは病気ではないので吐き気がひどく辛くても病院に行く事を躊躇ってしまうこともありますが、以下に紹介するようなことがある場合は病院に行くようにしましょう。

●一日に何十回も吐く
●水分も取ることが出来ない
●絶食状態が続いている
●体重が減る
●トイレの回数が目に見えて減る

特に気をつけなければならないのは脱水状態です。急な脱水症状によって母胎に取り返しのつかない影響が出る危険もあります。以上のことを目安にしてこれに該当するようであれば、躊躇わずに病院で診察を受けるようにして下さい。

入院中は絶食療法が行われることが多く、点滴などで栄養と水分を補充しながら少しずつ食事を増やしていきます。一般的には経産婦より初産婦が重く、多胎妊娠もつわりが重くなりやすいと言われています。つわりは本当に同じ症状と思えないほどの個人差があります。お母さんが無理をしないで健やかに過ごす事が赤ちゃんの安全に繋がります。我慢するのは止めましょう。

吐き気とつわり


ドクターエム
http://www.dr-m.co.jp/